引越し業者の適正相場を知る方法

ポイント 複数の引越し業者で相見積り!!
  引っ越し料金は、『家具の量×移動距離×引越し時期』の3点で決まります。
  この3点は、引越し主の状況に応じてそれぞれ変化する為、各社とも定額の料金表を持ち合わせていません。
  だから引越しする時は、複数社(最低3社)に見積もり依頼をして、適正相場を把握しましょう!

ポイント 1社だけの見積もりでは駄目!!
  引っ越し会社へ直接連絡して見積もりを取ると、高い値段を言われます。
  その理由は、あなたが引越し料金の相場を知らないからです。
  だから、引っ越し業者同士で競わせて、競争原理を働かせましょう!

ポイント ベストプライスを提示させる方法!!
  多数の引っ越し業者へ一括で見積もり請求が出来る比較サイトを利用する事で、
  『価格勝負だよ! 他社より高ければ引越しの依頼はしないよ!』とメッセージを伝えましょう!
  最初からギリギリの価格で見積もりを提示してもらえる為、お金と時間を節約できます。

こちら

引越しに関するのQ&A

1、できるだけ安くする為の引越し日時は?

一番安く引越ししたいならば、日時の指定をしない事!
曜日&時間帯を引っ越し会社の都合に合わせる事を「フリー便」といいます。

「フリー便」で依頼すると、激安見積もりになるでしょう。
フリー便にすると、たいていの場合、平日の午後便となる確率が高いです。

2、単身(一人暮らし)の引っ越し費用の目安は?

単身赴任の社会人や学生さんであれば、赤帽や日通などが安いです。

最安値の目安は、1万円代後半。 (引越し時期や場所によって異なります。)

運搬荷物の目安は、
シングルベッド / テレビ1台 / 冷蔵庫1個 / 机・椅子1式 / エアコン1台 / 洋服タンス1個 / ダンボール箱20個

引越し見積もり一括サイトであれば、単身パックの料金比較も可能です。

3、相見積もりは何社とるのが妥当?

まずは5社に見積もり依頼をしてみましょう。
通常であれば1日~2日で回答があります。

見積金額が5社とも大差なければ、会社の信頼度や特典等を考慮してその中から選考します。

もし見積金額にバラつきがあったならば、追加でもう5社程度に見積もり依頼をしてみる事も必要です。

4、最終的な引っ越し業者の選び方は?

徹底的に引越し費用にこだわるなら、小規模な運送会社。
作業員の質や補償制度を重視するなら、全国規模の大手です。

引越し見積もり比較サイトであれば、100社以上に一括で見積もり依頼をする事が可能です。

まずは情報収集から始めてみましょう!

引越し見積もり一括請求

こちら

このページの先頭へ